売り上げが確実にあがるシステムのご提案をぜひともお試しください!

勘違いした担当の要件定義とは

本来は要求一覧から抽象化し、目的を拾い上げ、本来の要求事項を見定めることが重要ポイントであるが
経験不足に伴い、抽象化ができない担当者は下流担当レベルの作業で実施するため
バリエーション、事象、現行システムの機能に注力するだけになる。
バリエーションや事象を全て拾い上げることは困難であり、時間がかかる。
仮に拾い上げたとしても、本来の目的や本質にたどり着かない。
この全バリエーションをすべての機能が欲しいことにかわりはないのですが
システム化の時にバリエーション分何も工夫なくプログラムを作成は
クライアントは求めていない。そんなのは何が諸事情でいろんな要素が変化するのに
対応ができないのは当然ですし、すべて同レベルでプログラムを作成されたら
想定以上の費用にもつながります。

PAGETOP
Copyright © デューキャス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.